湧き上がる情熱に素直に、一度の人生を生きてほしい ユーザベース 新野良介取締役(第7話)

「経済情報で、世界をかえる」をミッションに掲げ、企業・業界情報プラットフォーム「SPEEDA」やソーシャル経済メディア「NewsPicks」を提供している株式会社ユーザベース。2008年創業のベンチャー企業でありながら、2013年に上海・香港・シンガポールに拠点を開設し、2016年にはスリランカにリサーチ拠点を開設。翌年、2017年にはNewsPicksの米国進出に伴い、Dow Jones社との合弁会社をニューヨークに設立するなど、グローバルでアナリストや編集者、公認会計士など多種多様なプロフェッショナルが集まる会社としても名を轟かせている。今回は、同社の取締役・新野良介氏に起業家の素養や組織づくりの秘訣などについて聞いた。(全7話) ※本記事は2017年7月21日に実施したインタビュー内容を基に作成しております。

「持続する情熱」こそが才能

――最後に、起業を目指す人たちへのメッセージをお聞かせください。

一番難しい質問ですね(笑)。

一言言うとするなら、「好きにやってほしい」ということでしょうか。

 

――「好きにやってほしい」ですか?

「自分がいいと思うことを真っ直ぐやってもらいたい」という意味ですね。自分の思うがままに生きていってほしい、というか。

 

――第2話リンクで「情熱や執念は身につけようと思って身につけるものではなく、既に持っているものを引っ張り出す」とおっしゃっていましたが、その誰しもが持っている情熱を解放するということでしょうか?

そうですね。自らの内にある情熱や執念という意味で言えば、棋士の羽生善治氏がNHK『プロフェッショナルの流儀』で「才能とは何ですか?」と聞かれて「情熱、努力を継続できる力です」と答えておられました。

私も同じ意見なのですが、情熱を持続させることが才能だとすれば、ビジネスで情熱が続く人はビジネスの才能があるし、家族に対して情熱を燃やせる人は良いお父さん・お母さんになれると思うんですよ。

そう考えると、起業家予備軍と呼ばれる人達はビジネスに情熱を傾けられる人間なので、湧き上がってくる情熱に従えば良いのではないでしょうか。

要は、「他人の人生を生きずに自分の人生を生きる」ということなんです。

スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学で行った有名な講演の中に、”About death”(「死について」)というものがあります。ジョブズ自身、膵臓がんの診断を受けて「死」を極めて身近に感じた経験から、「どうせ死ぬんだったら、この人生を自分の思う通りに生きなければ忍びない」と説いているような気がします。

 

成功するか否かはマーケットが決めてくれる。好きなことを真っ直ぐ追いかけてほしい

特に、私のようないわゆる「76世代」の起業家は、ビジネスマンとして育っていく過程でリーマンショックに見舞われ、キャリア途中で市況が右肩下がりになったため、「コミュニティーとは?」などと一生懸命考える内省的な人が多いです。

まさに中二病ですよね(笑)。

繰り返しになりますが、中二病的な心を持つというのは本当に大事です。最初は、単に自己愛の強さからでも「幸せになりたい」という気持ちが生まれ、それを実現するために「一回切りのどうあるべきか」を一心に考える。

自分の情熱を持続させているということは最も希少性のある価値で、その執念の大きさにアイデアやリソースがついてくるだけです。成功するか否かはマーケットが決めてくれるんです。

ですから、「どこまで成功するか」をいちいち考えたり批判を恐れたりせず、自分の好きなことを愚直に追いかけていってほしいというのが私のメッセージです。

 

>ユーザベース公式HPはこちら

著者 小縣 拓馬

著者 小縣 拓馬

著者 小縣 拓馬

起業家向けメディア「ベンチャーナビ」 編集長。玩具会社のタカラトミーを経てDIに参画。ビジネスプロデューサーとして、主に国内ベンチャーへの投資・事業支援・戦略立案を担当。     ~「More than Meets the Eye」 これは玩具会社時代に担当していたトランスフォーマーというシリーズの代表的なコピーです。見た目だけではわからない、物事の本質に焦点を当てること。そんな想いで記事を提供していきたいと思っています。~

RANKINGアクセスランキング

About Venture Naviベンチャーナビについて

挑戦する起業家・ベンチャー経営者のためのベンチャーナビ
経営課題解決のヒントとなる記事をお届けしていきます

DIはベンチャー投資・育成、
IPO支援を推進しています。
資金調達等のご相談があれば
お気軽に下記フォームよりご連絡ください。