尊敬する仲間達と「初心者から、創れる人を生み出す」 Progate 加藤將倫CEO(第2話)

「初心者から、創れる人を生み出す」を理念に、初心者向けのオンラインプログラミング学習サービスを展開する株式会社Progate。日本のみならずインド・米国にも展開を広げ、ユーザー数は60万人を突破した。同社CEOの加藤將倫氏に、起業家の素養や急成長サービスの作り方について聞いた。(全4話)

尊敬し合える創業メンバー

――創業期の仲間づくりのポイントについてお聞かせください。

私はずっと一緒に活動していた仲間と創業したので、創業期に「仲間づくりをした」という感覚はありません。やっていることが面白そうだからメンバーが集まったという、自然な成り行きでした。

ただ、結果論ではありますが、お互いのことを尊敬し合える最高の創業チームだったと自負しています。

共同創業者の村井はプロダクトを作るセンスが圧倒的です。最近までProgateのアプリの開発を率いてくれていましたが、「ユーザーにとって本質的に良いもの」を無意識に考えて作れる人なので、彼の作るプロダクトは見ていて楽しいですし、一緒にやっていてワクワクします。

COOの南部は圧倒的に「大人」です。創業者二人はどちらかというと抜けているところがあるタイプなのですが、常に安定感があり、どんな仕事も完璧に実行してくれる南部がいることで安心して事業推進できています。

プロダクトマネージャーの鈴木は、プロダクトやコンテンツの本当に細かいところまで目が届いています。常にプロダクトの全体像を把握しており、問題が起きたときにも冷静に対処してくれるおかげで、メンバーが安心して攻めに集中することができます。

デザイナーの神田は私が知る中で一番サービスの世界観を作るのが上手いデザイナーです。彼女の力があったからこそ、プログラミングという難しい内容にも関わらず、初心者でもとっつきやすいProgateの世界観が作り出されています。

 

――お互いが補完し合える関係なのですね。自分を諌めてくれる仲間の存在が「素直さ」につながったともおっしゃっていました。(第1話リンク

創業初期の頃に、私の高校の親友が私とのトラブルで辞めてしまい、かなり落ち込んだ時期がありました。

そんな時にデザイナーの神田が「今のマサ(加藤氏)がこのまま腐ってしまうのか、それとも切り替えて良い組織を作ろうとするかで、今後のメンバーのマサに対する見方が変わるよ。」と言ってくれたんです。

その言葉が心にしみて、今回上手くいかないことはあったけれど、もっと良い組織にしようと心に誓いました。

この瞬間が私を起業家として一番成長させた瞬間だったと思いますし、そうやっていつも一緒に戦ってくれる仲間達に本当に感謝しています。

 

「Why」に共感するメンバーを集める

――現在は社員が20名規模まで拡大しています。現在の採用について工夫されていることをお聞かせください。

採用に関してはまだまだ発展途上ですが、意識しているのは「なぜProgateをやっているか」という“Why”の部分に共感してくれるメンバーを集めることです。

人数が増えれば多様な考えが出てくるのは当たり前なのですが、我々のミッションである「初心者から、創れる人を生み出す」に本気で共感できていれば、一つのゴールにベクトルを合わせて向かうことができるはずです。

プログラミングのすごいところは、年齢や性別・人種を一切問わず、平等にチャレンジできるチャンスがあること。私たちは絶対的に誰もがプログラミングを学んだ方がいいと信じています。

そうみんなが本気で思えているからこそ、自然とProgateの価値に共感できますし、プロダクトをもっとよくしたいと真剣に働くことができます。

逆に根幹のミッションに共感できていない人を採用してしまうと、採用された側も価値が出せずに苦しくなるので、結果的にお互いのためになりません。

もちろんスキル面も見ていますが、なによりも“Why”の部分に共感しているメンバーを採用することで、今後人数が増えても熱量が下がらない組織を作っていきたいと思っています。

 

 

――共感度の高いメンバーを採用するために工夫されていることはありますか?

いまだに採用面は試行錯誤中で明確な仕組みは確立できていませんが、1つ言えることは、自分たちのビジョンや熱量をしっかり伝えることにコミットしていることです。

おかげさまでユーザーが60万人を超えてもなお、20名の少数精鋭体制で運営できています。これはメンバーが優秀なことに加えて、全員が会社の事業を自分事と捉えて「自律的に動けている」からだと思います。

今後もいろんな場所で自分たちの想いを伝えながら、ビジョンに共感してくれるメンバーを集めていきたいと思っています。

 

 

>第3話「自然と口コミで広がる「愛されるプロダクト」の作り方」に続く

>Progateの採用情報はこちら

>Progateの公式HPはこちら

>>ベンチャーナビのLINETwitter 始めました。定期購読されたい方はぜひご登録ください。

著者 堀田 慶介

著者 堀田 慶介

著者 堀田 慶介

早稲田大学理工学部を卒業後、株式会社NTTドコモに入社。 NTTドコモでは、SI事業のプロジェクトマネジャーとして、金融・医療業界を中心にソリューション提案/開発業務に従事。その後、法人向けブロードバンドサービスの戦略策定業務を経てDIに出向。DIでは国内ベンチャーへの投資、事業支援に取り組む。

RANKINGアクセスランキング

About Venture Naviベンチャーナビについて

挑戦する起業家・ベンチャー経営者のためのベンチャーナビ
経営課題解決のヒントとなる記事をお届けしていきます

DIはベンチャー投資・育成、
IPO支援を推進しています。
資金調達等のご相談があれば
お気軽に下記フォームよりご連絡ください。