ホテルプロデューサー龍崎翔子が語る、経営者3つの素養 L&Gグローバルビジネス 龍崎翔子取締役(第1話)

経営者は「ロマン4割・現実6割」

ーー龍崎さんが考える、経営者にとって重要な素養を3つ挙げるとすると何でしょうか?

「経営者はロマン4割。現実6割。」という言葉をよく使うのですが、この一言に言いたいことの3つが含まれているように思います。

私が考える経営者にとって重要な素養は、1つめが「風呂敷を広げる力」、2つめが「ディテールへの拘り」、3つめが「自分の無力さを知る」ことです。

 

龍崎翔子/1996年生まれ/東京大学在学中の2015年にL&G GLOBAL BUSINESS, Inc.を実母と二人で設立し、取締役・ホテルプロデューサーに就任。15年に「petit-hotel #MELON(北海道・富良野)」、16年に「HOTEL SHE, KYOTO」、17年に「HOTEL SHE, OSAKA」を開業。「The Ryokan Tokyo YUGAWARA」「HOTEL KUMOI(北海道・層雲峡)」の運営も手がける。

 

ーー1つめの「風呂敷を広げる力」について詳しくお聞かせください。

「風呂敷を広げる力」とは、他の人が想像できないような方向性に会社の可能性を広げていく力です。「ロマン4割」の部分ですね。

私がこの重要性を感じたきっかけは、富良野で創業した頃にひたすら現場仕事をしていた時のことでした。毎日接客や電話対応などに追われていると、視座が下がって目の前のことしか見えなくなり、それをやるだけで達成感を感じている自分に気づいたのです。

しかし経営者がその状態では、会社の発展可能性に上限ができてしまいます。いかに周囲が「ありえない!」と言うくらいの大きな目標を掲げ、メンバーに信じてもらえるか。それが経営者の果たすべき役割だと感じました。

そこからは、私は現場仕事から意識的に一定の距離をとるようになりました。

創業から3年で5軒のホテルを運営できているのも、目の前のことに満足するのではなく、大きな「風呂敷を広げた」からだと思っています。

 

細部にまでビジョンを宿らせる

ーー「現実6割」の部分が「ディテールへの拘り」でしょうか。

「大きな風呂敷」を広げたあとに、その風呂敷を畳んで実現していくところまでが経営者の仕事だと思っています。なので、先ほどの話と矛盾しているようにも見えますが、「ディテールへの拘り」は大切です。

例えば、我々はインスタグラムでの情報発信に力を入れていますが、写真や文面などを今も私自身がチェックして、指示を出しています。お客様へのサービスやホテルの清掃などについても、普通の人ならば気にならないレベルのところまで目を向けています。

「ディテールへの拘り」を大切にしていくことで、細部にまでビジョンが宿るサービスを提供できますし、組織そのものをグリップしていくことができると思っています。

 

ーーそのように思われる原体験が何かあったのでしょうか?

我々の会社は今でこそ「ブランド体験にこだわっている」というイメージを持っていただいていますが、創業当初は会社にその意識は浸透しておらず、空間やサービスの質も不十分でした。

実際、私自身も、メンバーに気を遣ってしまって、改善して欲しいところを指摘できなかったことが多々あり、そうした一つ一つの小さな妥協が、結果として、全体的に中途半端な状態を生み出していたのです。

それに対して、メンバーが気持ちよく働けるよう配慮しつつも、細かい部分まで拘るよう、時間をかけて意識を変えていきました。

結果、「壁に耳あり障子に目あり」という状態の組織を作り上げることができ、質の高いサービスを提供できるようになりました。それによって、お客さんのブランド体験価値が高まり、それがメンバーの誇りにつながるという好循環も生まれました。

 

ーーワンマン経営者というよりも、組織づくりに重きを置かれているのが印象的です。

これは素養の3つめである「自分の無力さを知る」ことにもつながりますが、私は自分のことを完璧だとは思いませんし、むしろ苦手なことが多いタイプだと認識しています。

でも、そうやって自分の無力さを知ると、他人の美点を知ることができます。そして一人ではできないようなことを、組織で補完しあって成し遂げることができるのです。

ワンマン経営者の率いる組織はその経営者以上の器にはなりませんが、メンバーの能力を最大限引き出す環境を作れれば、経営者の器を超えた組織になりえます。

「自分の無力さを知る」、すなわち、他人の美点を知り、認め、彼らが活躍できる環境を用意し、組織の力を最大化していくこと。この意識が経営者にとって重要なマインドだと考えています。

 

 

>第2話「“HOTEL SHE,”を生んだコンセプトメイキングの裏側」に続く(9月初旬公開予定)

>L&Gグローバルビジネスの採用情報はこちら

>L&Gグローバルビジネスの公式HPはこちら

>>ベンチャーナビのLINETwitter 始めました。定期購読されたい方はぜひご登録ください。

著者 村上 岳

著者 村上 岳

著者 村上 岳

京都大学 総合人間学部 卒業後、2016年にDI参画。日本、米国、インドでのベンチャー投資、及び、投資先の経営支援に取り組む。直近は、2018年9月に買収したワークスタイルラボにて経営支援に携わる。

RANKINGアクセスランキング

About Venture Naviベンチャーナビについて

挑戦する起業家・ベンチャー経営者のためのベンチャーナビ
経営課題解決のヒントとなる記事をお届けしていきます

DIはベンチャー投資・育成、
IPO支援を推進しています。
資金調達等のご相談があれば
お気軽に下記フォームよりご連絡ください。