旧Venture Naviは、DIMENSION NOTEにリニューアルしました

【特別取材】1兆円企業を創る、起業家の思考法 レノバ 千本倖生会長 (第3話)

千本倖生氏。第二電電(現KDDI)、イー・アクセス(現ワイモバイル)を創業し、いずれも巨大企業へと成長させた、いわずと知れた日本を代表する連続起業家だ。現在も代表取締役会長として株式会社レノバで再生可能エネルギー事業に心血を注ぐ一方、後進起業家の育成にも注力されている。今回はベンチャーナビがそんな千本氏に特別取材を実施。起業家にとって重要な素養、日本の若手起業家に対するアドバイスなどについて聞いた(全4話)

千本倖生/京都大学工学部電子工学科卒業、フロリダ大学Ph.D。日本電信電話公社(現在の NTT)入社後、1984年に第二電電株式会社(現在の KDDI)を稲盛和夫氏らと共同創業し、専務取締役、取締役副社長を歴任。1995年に慶應義塾大学、大学院教授に就任。その後カリフォルニア大学バークレー、カーネギーメロン大学の客員教授などを経て、1999年にイー・アクセス株式会社を創業。代表取締役社長、代表取締役会長などを歴任。2005年イー・モバイル株式会社を設立し、代表取締役会長CEOに就任。2014年4月に株式会社レノバ社外取締役に就任。2015年8月より代表取締役会長に就任。

経営チームをアップデートし続ける

ーー会社のステージによって、起業家が意識を変えるべきポイントをお聞かせください。

アーリーステージ、売上10億円、100億円、上場後など、それぞれのステージによってマネジメントチームに求められる素養はまったく変わってきます。マネジメントチームのスケールが会社の規模を決めるので、適宜アップデートしていくことが必要です。

アメリカの場合、ある程度の規模まで会社が成長したら起業家がエバンジェリストのような役割になり、外部からプロ経営者が入ってくることが多い。

海外の起業家が私のところに相談に来ることも多いのですが、彼らは外部マネジメントの導入に熱心だし、フェーズによってマネジメントチームを変えていこうとするハングリー精神が高いです。

比べて、日本のベンチャーはマネジメントチームが固定化しすぎる傾向があります。

自分がゼロから作った会社やチームだから、起業家にとって時には辛い選択もあるでしょう。それでも組織が成長していくためには、チームをアップデートし続けなくてはいけない。なぜならそれが最終的に、会社、そして社会をハッピーにするからです。

マネジメントチームを会社のステージに合わせてアップデートし続ける。日本のベンチャーには特に意識してほしいポイントだと思います。

危機が会社を強くする

ーーある程度新しい事業が育つと、大手などが市場に参入して来るというケースもあります。そういった危機への対処方法についてお教えください。

危機は突然やってきます。

イー・アクセスの時にも孫さんがいきなりADSL市場に参入してきて、我々の原価くらいの価格で売り始めた。そのニュースを見たときは社員全員が真っ青になっていたと思います。

しかし、私がそのニュースを見て思ったのは、「明日、絶対にニコニコして会社にいこう」ということ。

そして次の日、社員に向けてこんなことを言いました。

「これはマーケットが巨大に拡大する素晴らしいチャンスだ。だからこそ、我々が作ってきたビジネスプランをもう一度、根本的に見直そう。そしてこの機会で私たちが変革し、大飛躍しよう。」と。

その後、トップマネジメント全員が徹夜しながら、事業の隅々にいたるまでコストカットや売上アップ施策について1点1点見直しをかけていきました。すると、孫さんの会社よりも安いコストでできる道筋が見えたのです。

あの危機がなかったら、イー・アクセスは無駄の多い事業体のままで、たいした会社になってなかったかもしれません。危機が組織を筋肉質にし、健全化させたのです。

このように、外的危機というものを、さらに高付加価値企業に進化するチャンスだと捉える。そして、トップが全精力をかけて会社を変えることにとことんコミットし続ける。この意識が、何千億円規模のベンチャーを創る上では大切です。

 

 

>第4話「日本の起業家たちよ、世界を見よ」に続く

>レノバの採用情報はこちら

>レノバの公式HPはこちら

>>ベンチャーナビのLINETwitter 始めました。定期購読されたい方はぜひご登録ください。

著者 伊藤紀行

著者 伊藤紀行

著者 伊藤紀行

早稲田大学政治経済学部卒業、グロービス経営大学院経営学修士課程(MBA, 英語)修了。楽天に勤務後、EdTechベンチャーの東京オフィス立ち上げに参画。法人向け事業の急成長に貢献。その後グロービスにて英語MBAプログラム Japan Accountのリーダーとして、個人向けマーケティングと事業開発を担当。現在DIでは国内のスタートアップへの投資・上場支援を行い、志高い起業家への経営支援を通じて日本経済の活性化に取り組む。週末を中心にビジネススクールで思考領域の講師も務める。

DIMENSION NOTEについてのご意見・ご感想や
資金調達等のご相談がありましたらこちらからご連絡ください

CxO Story

CxOのインタビューはこちらでお読みいただけます