旧Venture Naviは、DIMENSION NOTEにリニューアルしました

【特別取材】日本の起業家たちよ、世界を見よ レノバ 千本倖生会長 (第4話)

千本倖生氏。第二電電(現KDDI)、イー・アクセス(現ワイモバイル)を創業し、いずれも巨大企業へと成長させた、いわずと知れた日本を代表する連続起業家だ。現在も代表取締役会長として株式会社レノバで再生可能エネルギー事業に心血を注ぐ一方、後進起業家の育成にも注力されている。今回はベンチャーナビがそんな千本氏に特別取材を実施。起業家にとって重要な素養、日本の若手起業家に対するアドバイスなどについて聞いた(全4話)

千本倖生/京都大学工学部電子工学科卒業、フロリダ大学Ph.D。日本電信電話公社(現在の NTT)入社後、1984年に第二電電株式会社(現在の KDDI)を稲盛和夫氏らと共同創業し、専務取締役、取締役副社長を歴任。1995年に慶應義塾大学、大学院教授に就任。その後カリフォルニア大学バークレー、カーネギーメロン大学の客員教授などを経て、1999年にイー・アクセス株式会社を創業。代表取締役社長、代表取締役会長などを歴任。2005年イー・モバイル株式会社を設立し、代表取締役会長CEOに就任。2014年4月に株式会社レノバ社外取締役に就任。2015年8月より代表取締役会長に就任。

国や社会の根幹を変えるベンチャーを創る

ーー千本さんは現在、株式会社レノバの代表取締役会長として再生可能エネルギー事業に取り組まれています。今後のチャレンジについてお聞かせください。

私は通信やエネルギーなど、一貫して「国や社会の根幹を変える」、しかもエスタブリッシュで大きな矛盾を抱える業界を、根本から改善する巨大ベンチャーを創ることに取り組んできました。

今年発生した巨大台風などを見ても、近年は明らかに異常気象になっています。みんな「何かがおかしい」と体感していますよね。

レノバは「グリーンかつ自立可能なエネルギー・システムを構築し枢要な社会的課題を解決する」ことを経営理念としています。再生可能エネルギーによる発電を通じて、社会、地球に貢献していくことを目指しています。

専業で唯一の独立ベンチャーであるレノバだからこそ、エスタブリッシュな業界を変革することができる可能性があるのです。

再生可能エネルギーにおいては欧州をはじめ、アメリカや中国が最先端を走っており、日本はいまや世界で最も遅れている国のひとつです。でもだからこそ、最も成長する余地がある国だとも言えます。

レノバは、日本だけでなく、アジアにも飛び出していき、アジア、ひいては世界のリーディングカンパニーとなるべく挑戦しています。

「世界を見る」ことで信念が生まれる

ーー最後に、ベンチャーナビの読者である若手起業家、起業家予備軍の方々にメッセージをお願いいたします。

「世界を見ろ」という1点ですね。シリコンバレーでも中国でもどこでもいいから、とにかく世界に飛び出して、世界を肌で感じてほしい。

日本は居心地がいいから閉じこもってしまいがちですが、世界には日本という小さな村社会とはまったく違う価値観がたくさんあります。それをネットで見ているだけではなくて、実際に現地に行って、現場を見て、はじめてわかるものが必ずあるのです。

私もNTT在職中にアメリカに留学し、価値観が変わりました。世界の電話がなぜこんなに安いのか、ということを疑問に感じて第二電電(現KDDI)を創業したわけです。

いまはアジアの若者たちに対して手本となるのが日本の役割だと思い、千本財団を立ち上げ、アジアの若者に対してアントレプレナーシップを学ぶ機会も提供しています。

このように世界の潮流を肌で感じ、自国の劣っている部分、矛盾している部分を体感する。そうすれば「これはおかしい」という信念のもとになるようなものが出てきます。その信念をもとに矛盾を解決し、社会を本当によくするような大きなスケールのことにチャレンジしてほしいです。

「世界を見ろ」

若い起業家のみなさんにはこれを伝えたいと思います。

 

 

>レノバの採用情報はこちら

>レノバの公式HPはこちら

>>ベンチャーナビのLINETwitter 始めました。定期購読されたい方はぜひご登録ください。

著者 伊藤紀行

著者 伊藤紀行

著者 伊藤紀行

早稲田大学政治経済学部卒業、グロービス経営大学院経営学修士課程(MBA, 英語)修了。楽天に勤務後、EdTechベンチャーの東京オフィス立ち上げに参画。法人向け事業の急成長に貢献。その後グロービスにて英語MBAプログラム Japan Accountのリーダーとして、個人向けマーケティングと事業開発を担当。現在DIでは国内のスタートアップへの投資・上場支援を行い、志高い起業家への経営支援を通じて日本経済の活性化に取り組む。週末を中心にビジネススクールで思考領域の講師も務める。

DIMENSION NOTEについてのご意見・ご感想や
資金調達等のご相談がありましたらこちらからご連絡ください

CxO Story

CxOのインタビューはこちらでお読みいただけます