スタートアップ/ベンチャー経営のためのヒントやナレッジを発信

メンズスキンケアブランド世界シェアNo1への道のり バルクオム 野口卓也CEO(第5話)

「メンズスキンケアブランド世界シェアNo1」というミッションを掲げ、男性向け化粧品ブランド「BULK HOMME(バルクオム)」を展開する株式会社バルクオム。 2020年に入りTVCMの放映を開始し、このコロナ禍でも2019年同月比で約200%以上を記録するなど、メンズビューティー市場を牽引する急成長ベンチャー企業だ。 そんな同社の代表取締役CEO 野口卓也(のぐちたくや)氏に、起業家にとって重要な素養や、ブランドづくりなどについて、DIMENSIONの下平将人が聞いた(全5話)

ーー人材採用において大切にされていることをお聞かせください。

私たちは日本から世界No.1のブランドを作ろうとしています。決して簡単な道のりではありませんので、10年スパンで時間がかかるでしょう。

なので応募してくださった方の我々に対する期待値が短期的なものか、それとも長期的なのかを見極めています。長期的なキャリアとしてBULK HOMMEを世界一にすることに本気で興味を持ってくださる方でないと、100%のパフォーマンスを発揮できないと考えているからです。

もちろん各自が生産性を高めてハイパフォームしないと我々の目標を達成できませんので、スキル面も厳しくチェックしています。

しかしそれよりも、長期的にどのようにキャリアを考えていて、そこに対してバルクオムが目指す世界がどのようにフィットしているのか。ビジョンへの共感度を最も大切に採用するよう心がけています。


ーービジョンへの共感度はどのようにして見極めていらっしゃいますか?

本当にグローバルブランドを作りたいかどうかは、少しお話すればすぐにわかります。

例えば「この10年でグローバルブランドになった日本の会社は?」と聞いても、普段アンテナを張ってない人は一社も答えられないんですよね。

本気で世界を目指しているのであれば、自然と日々の情報にアンテナを張っているもの。その感覚は一朝一夕で身につくものではないので、比較的簡単に見極められるのかなと思います。

 

日本発、世界で認められるブランドへ

ーー今後の展望についてお聞かせください。

BULK HOMMEという単一ブランドだけで世界No.1の売上シェアを獲る。このことに今後も腐心していくことには変わりはありません。

その観点で申し上げると、海外展開は直近1年で本格的に取り組んできています。アジア、欧米で日本と同じように再現性のある方法でシェアを伸ばしていくことが、次の会社としての挑戦です。

まだまだスタートアップ業界で海外で成功したサービスは少ないのが現状ですので、久々に日本から世界中に認められるブランドが生まれたと思ってもらえるよう、海外を攻略していきたいと思います。

 

ーーでは最後に、記事の読者であるみなさんにメッセージをお願いいたします。

私が最初に起業したのが2009年。当時は20歳くらいだったのですが、10年以上スタートアップをやってきた中で、投資家も起業家も増え、良いサービスやプロダクトを作る人が非常に増えています。

一方で、まだまだ海外市場にチャレンジしているスタートアップという観点でいうと少ないというのが実情だと思います。

我々はメンズスキンケアという一見するとバーティカルな(大きな産業の一部、あるいはニッチ)市場と思われがちですが、実際には非常にポテンシャルの高い市場で戦っています。そしてこのメンズスキンケアという世界で、グローバルで成功していきたいと思っています。

そんなビジョンに向けて、一緒に戦っていってくれる仲間を常時募集しています。もしご興味がある方は、ぜひウェブサイトなどでご覧ください。お待ちしています。

 

 

第4話>世界No.1へ向けてビジョンを“アップデート”した理由 バルクオム 野口卓也CEO

>バルクオムの採用情報はこちら

>バルクオムの公式HPはこちら

>>DIMENSION NOTEのLINETwitter 始めました。定期購読されたい方はぜひご登録ください。

筆者 下平 将人

筆者 下平 将人

筆者 下平 将人

弁護士として一般民事や企業法務を経験したのち、LINE株式会社の社内弁護士やチャットボット領域の新規事業開発担当を経て、DI、DIMENSIONに参画。人材紹介サービス「CAREEPOOL」のPM。投資先複数社の社外取締役。日本組織内弁護士協会理事。一橋大学法学部、慶応義塾大学法科大学院卒業、グロービス経営大学院卒業。 クリエーターをサポートするArts&Lawに所属しクリエーター向けに無料法律相談を実施。 アニメ業界のペインについて業界を横断して考える「Animation&law」を主催。

DIMENSION NOTEについてのご意見・ご感想や
資金調達等のご相談がありましたらこちらからご連絡ください

CxO Story

CxOのインタビューはこちらでお読みいただけます