DIMENSION NOTE スタートアップ/ベンチャー経営のための
ヒントやナレッジを発信

先達に学ぶ ー第4回 ソフトバンク孫さんからの学びー

「起業ノウハウ」について

皆様、こんにちは。

国内ベンチャー投資ファンド・DIMENSION(ディメンション)の代表取締役の宮宗(みやそう)と申します。私共の起業家向けメディアDIMENSION NOTE(ディメンション ノート)に目を通して頂き、ありがとうございます。

私自身2002年からスタートアップへの出資・支援を行うようになり、累計9社の上場/MBOに携わってきました。また19年間で様々な起業家や経営者と仕事をしてきましたが、経営はある事を行えば必ず成果が出るという単純なものではありません。一方、自分よりステージが上で上手く経営推進・事業拡大されている企業や起業家・経営者の方からの「学び」、そしてその「具現化」を継続していれば、成果出しの確度は高められると、数多くの起業家を見てきた専門家として確信しています。

2021年4月から、私共DIMENSIONメンバーが定期配信を始めた「起業ノウハウ」では、以下を中心に、取り上げています。

  • 起業
  • 増資・融資
  • 組織づくり
  • 経営推進・事業拡大
  • 上場

 

2014年末、幸運にも主催している起業家勉強会(=メンバー17名中、10名が上場)で、ソフトバンクグループ・代表取締役の孫正義さんとお会いして直接経営の質疑をさせて頂く機会を頂きました。

今回は、そこでご教授いただいた「孫さんが起業家・経営者として大切にされている事」のエッセンスの一部をご紹介します。

孫さんから教えて頂いた内容や気づきは、私自身、今も大きく参考にさせて頂いています。

起業家・経営者は、志が1番重要

質疑の場で、孫さんから経営や起業に関するさまざまな事を丁寧にご教授いただいたのですが、その中のいくつかをご紹介します。

最初メンバーから、経営者としての揺れにどう応対されているかとの質問があがりました。孫さんは即答で、以下のように答えられました。

  •  “志が一番重要! 夢は個人・自分の欲。 志は多く・広い人々の夢であり自己犠牲が必要”
  • “志があって、共鳴が得られる。キツい時、助け船が得られる”
  • “志は長い目で見て一番大事。高い志をどれだけ強く思って打ち込むかが重要”
  • “「思い続けること」で、志をはぐくんだ”

 

また合わせて、以下のようなエールを孫さんから送っていただいたのも印象的でした。

  • “若い時の苦戦は、最高のギフト”
  • “苦戦を乗り越える経験を通じ、本当の力や継続性が身につく”

 

孫さんは、相手への的確な配慮と鼓舞する熱量が凄かったのを、今でもはっきり覚えています。

写真:主催する起業家勉強会に、ソフトバンクグループ孫さんをお招きした時の集合写真です

リーダーが語り続けるべき2つの事

また間髪入れずに、以下の事を伝えて頂きました。

  • “起業家や経営者といったリーダーは、「高い志」と「信念」の2つを語り続ける事が大切”
  • “この2つを語り続け、共感者を集め、事をなすのがリーダー”
  • “革命家は、これを実践”
  • “帝王学は、このことを伝える学問”

 

他にも孫さんからは起業・経営に関することを中心に、さまざまなことを、熱量をもってかつ的確にインプット頂きました。そのご厚意に、今も大変感謝しています。

私自身、孫さんから教えて頂いた「高い志」と「信念」を社内外に伝え続け、経営者として研鑽を積みながら、将来は孫さんのように、20~30代の次の日本の到達点を決める若手の方々の一助になれればと思っています。

 

DIMENSIONは、これからも「真摯に経営に向き合う起業家」への出資・支援に取り組むことで、より良いスタートアップが生まれる環境づくりに注力していきます。

起業ノウハウ「先達に学ぶ」第1回第2回第3回も参考にしてみてください。

DIMENSION NOTEについてのご意見・ご感想や
資金調達等のご相談がありましたらこちらからご連絡ください

Cxo Story CxOのインタビューはこちらでお読みいただけます